mambo          Select shop       (3 space)              山口市米屋町2-35       083-928-5766


by mambo717
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

REDWING ENGINEER BOOTS




こんにちは。

本日はREDWINGより入荷したアイテムをご紹介します。


では早速コチラです。
d0140452_14305712.jpg


11" Engineer (Steel-toe) "Stovepipe"
STYLE NO. 9269 ¥50,800+TAX

d0140452_14311814.jpg


d0140452_14313563.jpg


d0140452_14524499.jpg


d0140452_14525740.jpg


d0140452_14532819.jpg


d0140452_14534190.jpg


d0140452_1454071.jpg


d0140452_14541546.jpg


d0140452_15351643.jpg


d0140452_15352934.jpg


d0140452_15354347.jpg


d0140452_15355968.jpg



d0140452_15363064.jpg


No.9268 ¥50.800+TAX

d0140452_17591530.jpg


d0140452_1804647.jpg


d0140452_1812037.jpg


d0140452_182765.jpg


d0140452_1824182.jpg


d0140452_183772.jpg


d0140452_1831793.jpg


d0140452_1833385.jpg


d0140452_1835263.jpg


d0140452_18489.jpg



19 世紀半ば、ゴールドラッシュが西部開拓を加速し、アメリカの国土は急速に拡大し、拡がった国土の大動脈として鉄道網がはりめぐらされた。

木材や石炭を燃やし、水蒸気で動力を得、何十トンもの鉄の塊を高速で走らせる蒸気機関車である。それを運転する鉄道機関士(レイルロードエンジニア)は男らしい職業として子供たちのあこがれであった。

彼等のために設計されたブーツ、エンジニアブーツがレッド・ウィング社のカタログに登場したのは1936 年のことだ。足首に靴を密着させないプルオン・タイプで、フィットを調節するアンクルストラップとブーツにタックインしたズボンの裾を留めるシャフト(筒)上部のストラップの付いたブーツである。機関車のボイラーや火室から出る蒸気や炎にまみれて仕事をするレイルロードエンジニア達が求めていた靴であった。

時代が変わり、蒸気機関車の役割が自動車にとって代わられると、そのユーザーはトラックドライバーなどに変わっていったが、エンジニアブーツは、代表的なワークブーツのひとつとして少しずつ進化を続けた。#2268 はスティール・トゥを備えた頑強なエンジニアブーツとして 1961 年に発売され、幾度かのマイナーチェンジを経て今日に至っている。


と言うカッコよさげなヒストリーがありますが、こちらはシンプルに、履き込むとめちゃくちゃカッコよくなります!

スウェード面を使用した9269は、少し毛足が長い特徴があるため一般的なベージュのスウェードよりもヤレ感が伝わりやすくなります。

茶芯レザーを使用した9268がやれると茶色が顔を出してカッコいいのは皆様ご存知の通りですが、
こちらは2268(オイルドレザー)と比べてシャフトが細い為、シルエットがカッコいいです。(スウェードの9269も同様です)




今でしたらサイズも揃っておりますので是非店頭にてご試着くださいませ。

夏関係なくブーツはガンガン履き込んで行きましょう!



本日は以上です。


垣村





サイズなどの詳細は 
コチラ↓ 
mambo webshop






mambo-mens Instagram
mambo-ladys Instagram
mambo-grandly Instagram
mambo-staff Instagram
by mambo717 | 2019-04-10 18:15 | RED WING | Comments(0)